中絶と不妊症の関係について

中絶手術は少なからず不妊に影響する

このエントリーをはてなブックマークに追加

「中絶経験があると不妊になりやすくなる」、と言われることがあります。これは、本当なのでしょうか?結論から言いますと、ある程度の因果関係があることは否定できません。一部の論文には、両者の関係を否定するものもあります。しかし、母体・生殖器に負荷がかかることは事実ですので、どうしても妊娠率に影響が出てしまうわけです。

2回以上の中絶経験がある場合には要注意


妊娠中絶を経験したことがある場合、その影響で赤ちゃんができないのでは?と心配に思ってしまう人は多いようです。しかし、現在の医療技術は、かなり高い水準になっています。ですから、基本的には1度の中絶では、そこまで悪い影響はありません。しかし、2度以上中絶をしている場合には、注意が必要となってきます。子宮内膜の厚みがなくなってしまったり、癒着を起こしてしまったりするからです。その他、子宮・卵管などの器官に炎症が起きる可能性もあります。「中絶は不妊の原因となる」という意見は、こういう意味です。

スポンサーリンク


特に、子宮内膜が薄くなる、という点は重要です。内膜は、受精卵が着床する重要な部位です。適切な厚みがありませんと、受精卵が根付くことができずに、妊娠率が下がってしまいます。着床率を高めるための治療法・薬などは、数多く登場してきています。多くの方は、一般的な不妊治療を行っていくことで、妊娠に至ることができます。

産婦人科できちんと経歴を伝える


婦人科を受診する際には、過去の中絶経験を問われます。結婚する前におろしているような場合には、あまり他人に伝えたくないでしょう。気が重くなるのはわかりますが、医師には事実を正確に伝えるようにしましょう。治療・診断をする上で、重要な情報となるからです。中絶の経験がある場合には、子宮内膜などに異常がないかどうかを、しっかりと検査していきます。不妊・流産に繋がらないように、適切に治療を進めていくわけです。

もしも夫や家族に知られたら…と不安に感じることもあるでしょう。しかし、医師・病院には、「守秘義務」が課せられています。秘密を漏らしますと、医師自身が罪に問われてしまいます。そのため、秘密漏えいの心配は一切不要です。

子どもをおろす理由は、人それぞれでしょう。経済的な理由・交際上の理由など、やむにやまれぬ事情で中絶を経験した方も少なくないはずです。中絶と不妊には、ある程度の因果関係が存在する、と言われています。しかし、過度に恐れる心配はありません。医師にきちんと申告し、適切な治療を受けていきましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加