不妊症の原因について

不妊症の原因は女性の側だけではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

「子どもができないのは女性のせいだ」、という考え方は、現在でははっきりと誤りだと判明しています。不妊症は、女性の側に原因がある場合もありますし、男性の側に原因がある場合もあります。治療をするには、まずは理由を把握することが大切です。このページでは、多様な不妊原因について簡潔に説明していきます。

不妊の原因は男女双方に


WHO(関亜保健機関)が行った7273カップルを対象とした調査では、以下のような結果が出ています。

  • 41%:女性のみに原因がある場合(女性不妊)
  • 24%:男性のみに原因がある場合(男性不妊)
  • 24%:男女双方に原因がある場合
  • 11%:原因不明

※原因不明の不妊症については、『原因不明不妊』で詳しく取り上げています。

女性の側に原因が見つからない場合、相当程度の確率で男性側に問題があると言えるでしょう。不妊は自分のせいかも…と悩まず、夫婦双方が診察・治療を受けていくことが重要です。

女性の側の原因


妊娠に至るまでのプロセスは、以下のようになっています。

1.排卵:卵巣から卵子が飛び出し、卵管に吸い込まれる

→この過程でトラブルが生じる場合を「排卵障害」といいます。特に、卵管のすくい取りがうまくいかない場合が、近年注目されています(キャッチアップ障害)。
※詳しくは、『排卵障害』・『キャッチアップ障害』で説明しています。

2.受精:膣内に射精された精子が子宮頸管・子宮を通って卵管の奥で卵子と合体する

→子宮の入り口(子宮頸管)の不調によって、精子が子宮に入り込めないことがあります。
※『子宮頸管因子』参照
→卵管が詰まっていたり狭くなっていたりしますと、精子や受精卵がうまく運搬されなくなります。
※『卵管因子』参照

3.着床:受精卵は、卵管を通り、子宮の内膜に根付く

→この時点が、妊娠の成立時期だと定義づけられています。子宮や内膜の問題によって着床がうまく起きませんと、妊娠できなくなってしまいます。
※『子宮因子』・『着床障害』参照

男性の側の原因


以上の流れのうち、男性が関わるのは受精の段階です。そもそも精子の数や質に問題がある場合には、受精に至ることができません。

  • 精子を製造する能力自体に問題がある場合(『造精機能障害』参照)
  • 精子をサポートする器官にトラブルが発生している場合(『副性器機能障害』参照)
  • 生み出された精子が、ペニスの先まで運ばれない場合(『精路通過障害』参照)

以上の3つのケースが、男性不妊の典型例です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加