不妊治療に使われる薬について

不妊治療に使われる薬の作用を理解しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

今使っている薬は、どのような効果・副作用があるのかを知っていますか?意味も分からずに飲み続けるのは、治療のモチベーション低下に繋がってしまいますので、好ましくありません。特に、どのような副作用があるのかを知っておくことは大切です。処方される時に、薬剤師の説明を良く聞いておきましょう。他の薬との飲み合わせなどにも、気をつけましょう。

このページでは、よく使われている薬の種類・作用について説明をしていきます(薬の名前はすべて商品名)。
※薬を用いた治療の目的や概要については、『薬物療法』で詳しく取り上げています。漢方については、『漢方治療』をご覧下さい。
※副作用は、薬の種類によって違いますので、ここではあえて説明していません。薬の説明書・薬剤師の説明をきちんと理解しておくようにしましょう。何か不快な症状が出た際には、即刻医師・薬剤師に相談しましょう。

スポンサーリンク


排卵誘発剤:卵子を育て、排卵を促進させる


不妊治療で広く使われている薬です。排卵障害の方の症状改善が主な作用です。タイミング療法や人工授精・体外受精の際にも用いられます。飲み薬と注射剤の2つが存在しています。

副作用:多胎妊娠・卵巣の過剰刺激(子宮の腫れ・下腹部の痛みなど)・頭痛・吐き気など
内服薬は注射剤に比べると、副作用が少なめだと言われています。

<内服薬:脳に働きかけて、卵胞を育てさせる>
  • セキソビット
  • フェミロン
  • クロミッド
などが用いられます。

<注射剤:卵巣に直接働きかけて排卵・卵子の成熟を促す>
  • バーゴグリーン
  • フェルティノームP
  • ヒュメゴン
  • HCG

GnRH剤:排卵の時期をコントロールする


これは、本来は子宮内膜症を治療するための薬です。排卵を抑える効果もあるため、排卵時期の調整にも使われています。

副作用:初期の性器出血・骨粗しょう症・肩こり・ほてりなど

<点鼻薬>
  • ナサニール
  • スプレキュア

<注射剤>
  • リュープリン
  • セトロタイド(新薬)

卵胞ホルモン剤:子宮の内膜を調整する


エストロゲンを供給し、子宮内膜のコンディションを整えます。これによって、着床しやすい状態を作り上げることができます。ホルモン不足の際に用いられます。

副作用:食欲不審・吐き気・脱毛・じんましんなど

  • プレマリン(飲み薬)
  • エストラダ―ムTTS(貼り薬)

黄体ホルモン剤:着床率を高める


プロゲステロンを供給し、着床率を高めます。妊娠率を高め、妊娠継続にも効果を発揮します。

副作用:吐き気・頭痛・憂鬱な気持ちなど

<内服薬>
  • プロベラ
  • ルトラール
  • デュファストン

<注射剤>
  • プロゲストンデポーS
  • プロゲホルモン

<座薬(膣に挿入)>
  • プロゲステロン膣座薬

卵胞・黄体ホルモン剤:卵巣を一時的に休ませる

本来は、避妊薬として利用されていました。人工的に排卵をストップさせる効果がありますので、卵巣を休憩させることができます。

副作用:吐き気・むくみ・頭痛・倦怠感など

  • ドオルトン

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加