不妊治療の漢方治療について

漢方治療は体の不調を整えることで妊娠しやすい状態を作る

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、新しい不妊治療法して注目を浴びているのが「漢方治療」です。西洋医学と東洋医学とでは、薬の種類や治療のアプローチが異なっています。「漢方さえ飲めば、不妊が治る」という訳ではありません。

しかし、西洋医術では対応ができないような「スキマ」を、漢方によって穴埋めしていくことはできます。保険の適用が認められる漢方薬も増えてきましたので、補助的な治療方法として漢方を処方してもらうのもいいかもしれません。

西洋医学は万能ではない


不妊治療の目的は、出産をすることです。西洋薬では、「妊娠しやすい身体にする」ということが狙いとなっています。漢方薬利用の場合も、この目的は共通です。

かつて日本で医療と言えば、東洋医学・漢方治療がメインでした。今では、それが信じられないほどに、「西洋医術信仰」が大手を振っています。しかし、西洋の医学・薬に限界があるのも確かです。

漢方には、体全体の機能の衰えや、卵巣の血流改善などの効果を持った薬が存在しています。病院で一般的な(西洋的な)治療を行うとともに、漢方を併用して体の機能を改善させていく。これが不妊治療への近道となるはずです。

どんな種類の漢方が不妊に効くのか


腎の働きを強める

虚弱体質や、無茶なダイエットなどが原因で、生殖機能が衰えることがあります。これを改善させていくことで、不妊を改善していくことができます。特に「八味地黄丸」は、クリニックなどでよく処方されています。実際に、不妊症を改善した実績も多数あります。

ストレスによる機能の乱れを改善する

精神的なストレスは、不妊に悪影響を与えることが分かっています(『ストレス』参照)。自律神経のバランスが崩れてしまい排卵障害が起きてしまうことも多いようです。このような場合には、「加味逍遥散」などが効きます。

胃腸の働きを改善する

食生活が乱れていますと、女性機能にトラブルが生じて不妊を悪化させてしまいます(『食生活の乱れ』参照)。このような場合には、不摂生を正すことが第一です。そのサポートとして、胃腸の働きを改善させる「二陳湯」などが用いられます。

血行不良

体全体の冷えなどによって、血流が悪くなった場合、生殖器にも悪い影響が及んでしまいます。血のめぐりの改善は、漢方の得意分野です。「養命酒」などは冷え性対策として有名です。処方される薬の場合には、「桂枝茯苓丸」などがあります。

漢方は、体全体の不調を整えて、妊娠しやすい状態に導いてくれます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加